Q&A vol.126

堀江さんは
タクシー運転手は付加価値が全然ない職業で
給料が安くて当り前との考えですが、
保安システムの完備された鉄道の運転は
タクシーより簡単です。
にも関わらず、鉄道運転士は国家資格で、
取得するまでに半年間、
研修に専念しなければならず、
ハードルが非常に高いです。
そのため、鉄道は運転士の人件費が非常に高くなり、
鉄道会社は増便を躊躇せざるを得ません。
保安システムの完備された
鉄道の運転士の免許基準を引下げれば、
人件費が大幅に低減され、
線路容量に余裕のある昼間の鉄道を
思い切って増便できるようになります。
しかし現実は、安全軽視は許さない。
福知山線事故を思い出せ!となり、
とても実行できません。
私は、鉄道を社会で適正に活躍させるには
改革が欠かせない点だと考えますが、
堀江さんはどう考えますか。

ホリエモンのQ&A vol.126~鉄道改革!?~