Q&A vol.225

瀬戸内寂聴さんと堀江さんとの対談を
興味深く読ませて頂きました。
そして、その中のワンエピソードに
特に興味が湧きました。
それは、あるIT企業の重役のAさん
(仕事はできないが人望があり、
手柄は独占せず部下をとても大事にする)と、
同じ会社のBさん
(仕事ができ、その会社の利益を
殆ど彼が作った時期もあった)
とのゲーム制作対決があり、
そこで勝ってヒットゲームを生んだのは
Aさんのチームだった
(Aさんの方が人望があって、
みんなでAさんを勝たせようと頑張った)
という話です。
堀江さんは、このAさんや、
Aさんを勝たせようとする動きに
否定的な見解をお持ちのように感じましたが、
私個人は、自身の人間性や能力からして、
自分なりにどう努力しても、
Bさんではなく
Aさんになるタイプのような気がしています。
Aさんではダメですか?
あるいは、堀江さんはBさんしか評価できませんか?
そのお答えを、
理由と共に教えて頂けませんでしょうか。

堀江貴文のQ&A vol.225〜人望より努力!?〜